Network (ネットワーク)

イギリスでは大きく4つのネットワークの通信業者が存在する。

O2 (BT Cellnetから名称変更)
http://www.o2.co.uk
英国最大の電気通信事業者、BT(British Telecommunications)のモバイル事業部門。国営であったが、1984年に民営化された。携帯電話によるシェアは、英国では二番手。1994年よりデジタル方式のGSMネットワークに着手。

T-mobile (One2Oneから名称変更)
http://www.t-mobile.co.uk
ドイツのDeursche Telecomに所属する携帯電話部門。1993年よりサービスを開始。One2Oneという名称であったが、ドイツで使われていたT-Mobileという名称に統一。ヨーロッパと米国を基盤にしており、ロシアなどでも力を入れている。東ヨーロッパでは最大手の一つ。

Orange (France Telecom)
www.orange.co.uk
1994年に英国にて設立。世界を通じて20ヶ国でのサービスを提供。ヨーロッパの最大手携帯電話会社の一つ。2000年8月、フランステレコムにより買収される。

Vodafone
www.vodafone.co.uk
1985年に英国初の携帯電話として設立。1991年よりGSMネットワークサービスを先駆けて開始。英国本社を起点にして米国をはじめ29ヶ国でサービスを行っている。携帯電話加入者数においてヨーロッパおよび、英国で1位。J-フォンと日本テレコムに出資しており、事実上経営権を持っている。


更に、VNO(Virtual Network Operator)と呼ばれる、上記の会社からネットワークをリースしている企業がある。

  Virgin Mobile (via T-mobile)
www.virgin.com/mobile
T-mobileのネットワークを利用しているVirtualネットワーク。航空会社、鉄道、ゲームなど様々な事業に意欲的なVirginグループの携帯電話部門。Monthly契約がなく、Pre-payとPost-payという独自のサービスを行っている。

イギリスで古くからあり、大手といわれているのがO2(BT Cellnet)とVodafone。しかし、フランステレコムの買収後のOrangeの躍進にも目を見張るものがある。T-Mobileも、voicemailのチェックが全てのサービスプランにおいて無料となっているのは魅力。

O2とVodaphoneはGSM900と呼ばれると呼ばれるデジタル方式を用いており、後発のOrangeとT-mobile(同じネットワークを使うVirginなどのVNOも)はGSM1800の方式を用いている。現在発売されている携帯電話機の本体自体は両方をサポートしており、どちらのネットワークも使える。GMSの周波数の違いによって、それぞれメリットがある。

GSM1800を採用するOrangeとT-mobileのネットワークは、海外で使われている方式と互換性があり、多くの国で使用が可能だ(Monthly契約で、事前に登録が必要)。GSM900を採用するO2やVodafoneは比較すると使用できる国は少なくなる。どちらにしても海外で使う予定がある人は、自分の使いたい国で使えるのかどうかを事前にチェックする必要があるだろう。各ネットワークのウェブページから調べることが可能。
一方で、GSM900であるO2とVodafoneは、dual-bandをシームレスにスイッチする技術により、都心などでも切れづらい通話を実現している。

Coverage(電波が届く地域)は、現状ではほとんどイギリス全土をカバーしている。ただし都心では全く問題ないが、地方や山岳地帯での利用を考えているのであれば、念のため各社のウェブページでその地域に電波が届くか調べた方が無難。使える地域のcoverageをポストコードより調べることが可能。

ネットワークを選ぶ時の最大のポイントは、誰によく電話をかけるかということ。他のネットワークの携帯にかける通信料が非常に高いためだ。知人や家族などがどのネットワークを使っているかを調べて購入の参考にするといい。

 


COPYRIGHT(C)2002 hm All Right Reserved

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO